会員の著書     




国内・海外の会員による著書・訳書を紹介します(著訳者名の五十音順・ABC順)。
キャロル、アリスに関するもののほか、キャロリアンの興味を惹きそうな英国やマザーグースに関連したものもあります。


芦田川祐子
(訳書)『ポケットマスターピース11 ルイス・キャロル』(集英社文庫)
石毛雅章
(訳書)M・ハンチャー『アリスとテニエル』、ジョン・パドニー『アリスのいる風景―写真でみるキャロル伝』(共に東京図書)
大西小生
『「アリス物語」「黒姫物語」とその周辺』、(訳書)『ふしぎの国のアリス(ウィリー・ポガーニ画)』(共にネガスタジオ)
笠井勝子
(監修)『不思議の国の'アリス' ルイス・キャロルと二人のアリス』(求龍堂)、(監訳)ステファニー・ラヴェット・ストッフル『「不思議の国のアリス」の誕生』(創元社「知の再発見」シリーズ)、(訳書)『不思議の国 ルイス・キャロルのロシア旅行記』(開文社出版)、(監修)『12人のキャロル研究者の朗読による「不思議の国のアリス」と6つの言語による「ジャバーウォッキー」』(洋版出版)
笠井勝子・平倫子・中島俊郎・庭野延子
(共著)『ルイス・キャロル小事典』(研究社)
金江チカ(ペンネーム)
(共著)『「不思議の国のアリス」への旅』(河出書房新社)
川戸道昭
(編纂)『明治期翻訳文学全集 新聞・雑誌編 サッカレー/キャロル集』(大空社)
川端有子
『図説 英国レディの世界』(『英国レディになる方法』)(河出書房新社、共著)、『図説 ヴィクトリア朝の女性と暮らし ワーキング・クラスの人びと』(河出書房新社)、『写真家ジュリア・マーガレット・キャメロン』(玉川大学出版部)
楠田誓子
『ペインティング イン ワンダーランド』『Alice in Wonderland 不思議の国のアリス』(以上、カラーフィールド)、『不思議の国のアリス コラージュブック』(グラフィック社)
楠本君恵
『翻訳の国の「アリス」』『出会いの国の「アリス」』『マザー・グースのイギリス』『まざあ・ぐうす マザー・グース』(以上、未知谷)、(訳書)『不思議の国のアリス』(論創社)、『不思議の国のアリス With artwork by 草間彌生』 『不思議の国のアリス コンプリート・イラストレーションズ テニエルのカラー挿絵全集』『不思議の国のアリス カルーセル・ブック メリーゴー ランド型しかけえほん』『アリスとキャロルのパズルランド 不思議の国の謎解きブック』(グラフィック社)
下笠徳次
『[実況中継]近代英語の精華「不思議の国のアリス」を英々辞典PODLDOCEで精読して行く!』『[実況中継]近代英語の精華「鏡の国のアリス」を英々辞典PODLDOCEで精読して行く!』(山口県農協印刷)
平倫子
『ルイス・キャロルの図像学』(英宝社)、『ルイス・キャロル身体医文化の実相』(英宝社)、(訳・注)『シルヴィーとブルーノ・完結篇』(日本ルイス・キャロル協会)
高橋康也(故人)
『キャロル イン ワンダーランド』(新書館)、『ノンセンス大全』(晶文社)他著書・訳書多数
高橋洋子
(編著)『教育紙芝居集成 高橋五山と「幼稚園紙芝居」』(国書刊行会)、(編集・発行)『高橋五山紙芝居 復刻第4巻 ふしぎの国 アリス物語』(全甲社)
高屋一成
(編集・解説)『マザーグース初期邦訳本復刻集成』(エディション・シナプス)
寺嶋さなえ
『発見! 不思議の国のアリス 鉄とガラスのヴィクトリア時代』(彩流社)
中島俊郎
『オックスフォード古書修行―書物が語るイギリス文化史』『イギリス的風景―教養の旅から感性の旅へ』(NTT出版)
夏目康子
『マザーグースと絵本の世界』(岩崎美術社)、『不思議の国のマザーグース』(柏書房)、『マザーグース・コレクション100』(藤野紀男と共著、ミネルヴァ書房)、『マザーグース イラストレーション事典』(藤野紀男と共編著、柊風舎)、『英語であそぼう! マザーグースたのしさ再発見 1・2・3』(ミネルヴァ書房)
七海花音(ペンネーム)
『反時計回りのシャーロック』『英国紅茶予言師』『英国紅茶予言師 古城の悪魔』(小学館文庫キャラブン!)他著書多数
西村光雄・西村杏子(共著)
『ルイス・キャロルの自然誌と超自然誌―アリスは何と出会ったか―』(櫂歌書房)
半那裕子
(画集)『Alice's Adventures in Wonderland』(Hannalice)
萬里アンナ
『人形の国のアリス』(小学館)、『かがみの国のアリス』(角川書店)
三村明
(共訳)モートン・N・コーエン『ルイス・キャロル伝』(河出書房新社)
宮垣弘
『「意識の宇宙」のアリス』(野口慊三と共著、アーバンプロ出版センター)
門馬義幸
(訳書)ロジャー・ランスリン・グリーン『ルイス・キャロル物語』(法政大学出版会)、マーティン・ガードナー『ルイス・キャロル 遊びの宇宙』(白揚社)
矢澤康子(【水中庭園】coco.としてイラストで参加)
深澤翠『不思議の国のアリス ビジュアルファンBOOK』(マイナビ)
安井泉
『英語で楽しむ英国ファンタジー』(静山社)、『ことばから文化へ〜文化がことばの中で息を潜めている〜』(開拓社)、(訳書)『地下の国のアリス』『鏡の国のアリス』(新書館)、『子ども部屋のアリス』(七つ森書館)、『対訳・注解 不思議の国のアリス』(研究社)
安井泉(編著)/小木野一・木下信一・楠本君恵・木場田由利子・平倫子・高屋一成・中島俊郎・夏目康子・西村光雄・三村明(分担執筆)
『ルイス・キャロル ハンドブック アリスの不思議な世界』(七つ森書館)
吉本和弘
(共著)『映画になった児童文学』(『不思議の国のアリス』の章を執筆)(玉川大学出版部)
特集雑誌:ユリイカ 3月臨時増刊号/総特集◎150年目の『不思議の国のアリス』(責任編集 高山宏、青土社、2015)
安井泉「ルイス・キャロルのことばと文化 いきものたちのものがたり
木場田由利子「暗号の国のアリス キャロルと数秘術
木下信一「映画の国の『アリス』」
夏目康子「『アリス』とビートルズとマザーグースの不思議な関係」
Christina Björk
Sagan om ALICE i Verklingheten (The Other Alice: The Story of Alice Liddell and Alice in Wonderland)
クリスティーナ・ビョルク『ふしぎの国のアリスの物語〜もうひとりのアリスとルイス・キャロル〜』(世界文化社)
Selwyn Goodacre
Elucidating Alice: A Textual Commentary on Alice's Adventures in Wonderland
Byron W. Sewell
The Fish Chronicles(Skinny Alice, Comic Alice and Pinball Alice) ほか多数
Edward Wakeling
The Photographs of Lewis Carroll: A Catalogue Raisonné, Lewis Carroll: The Man and His Circle ほか多数
The Mathematical World of Charles L. Dodgson (Lewis Carroll) ed. by Robin Wilson and Amirouche Moktefi
Edward Wakeling: ch.6 Recreational mathematics
Mark R. Richards: ch.8 Mathematical bibliography
The Hunting of the Snark (The Cheshire Cat Press, 2018) Limited Edition of 42 signed and numbered copies
Twelve Illustrations by Byron Sewell
Introduction by Edward Wakeling
Printing by Andy Malcolm and George Walker

ホーム 協会概要 活動内容 出版物 入会案内 リンク 会員の著書 会則 会員規定
Copyright © 2004 The Lewis Carroll Society of Japan.