日本ルイス・キャロル協会ホームページ      
〜The Lewis Carroll Society of Japan〜       


♟♟♟♟♜♞♝♛♚♝♞♜♟♟♟♟ 「お知らせ」を更新しました(3/25)
日本ルイス・キャロル協会紹介ページへ

♙♙♙♖♘♗♕♔♗♘♖♙♙♙♙ (←青いポーンをClick!)「Drink Me & Eat Me Express」を更新しました(3/28)

会員のみなさまへ

What's New お知らせ

❖3月例会を中止します  (2020年3月25日掲載)
3月例会は3月28日(土)に開催する予定でしたが、国内の新型コロナウイルス感染が、予想に反して3月下旬になっても減少する
兆しを見せていないため、会員の健康を考えて中止することとしました。鋭意発表の準備を進めていた石坂円花さん、発表を楽しみに
していた会員の皆さまには申し訳ありませんが、何とぞご理解ください。
今後の予定については、感染の終息状況、発表者のご意向、会場予約を勘案して、決定後にお知らせします。


❖ニューズレターThe Looking-Glass Letter
No.146 (Winter, 2020)が発行されました(2019/12/27)

❖年会誌『ミッシュマッシュ』
第21号が発行されました(2019/11/1)。


❖不思議の国のアリス展
 東映事業部が「不思議の国のアリス展」を開催中です。
 神戸を皮切りに松本、横浜、福岡、静岡、名古屋、新潟と全国7会場を巡回しています。
(上記リンクに、各地区の開催期間・会場が記載されています)
 日本ルイス・キャロル協会が後援団体になっており、安井会長が学術監修しています。

★名古屋会場
【日程】 2020年4月18日(土)〜 6月14日(日)
     ※休館日:毎週月曜日、第4火曜日 (ただし5月4日は開館、5月7日は休館)
【会場】 名古屋市博物館(名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1)

Drink Me & Eat Me Express

この欄は、会員の最近の活動のほか、会期が近い催し物や放送日が迫っているTV番組、新刊雑誌などを、速報でお知らせするものです。
そのほかのアリス、キャロル等に関する情報は季刊のニューズレターでお知らせします。

■エドワード・ウェイクリング著『ルイス・キャロルの実像』The Man and His Circle小鳥遊たかなし書房、6,600円)4月9日発売
ルイス・キャロル研究の第一人者による、一次資料に基づく研究成果がここに結実。
監訳者:楠本君恵、高屋一成、下笠徳次
訳者:中島俊郎、平倫子、大木雛子、大国孝正、木下信一、吉本和弘、藤井佳子、川島浩士
装画:大国孝正
(太字氏名は協会会員)
Amazonへリンク

■マーティン・ガードナー/ルイス・キャロル著『詳注アリス 完全決定版』(高山宏訳、亜紀書房、5,280円)発売。
The Annotated Alice: 150th Anniversary Deluxe Edition (2015)の翻訳です。訳者の高山宏さんはあとがきで「何回も訳しているのを見て、
以前使った訳を流用などと見当をつけてひとこと皮肉を言ってやろうと思っていた諸君、御免。一回毎ゼロからの新訳。」と述べ、アリスの翻訳の
苦労と楽しさを語っている。
北米ルイス・キャロル協会名誉会長で当協会海外会員でもあるマーク・バースタインさんが本書の補訂(Expanded and Updated)を担当している。
Amazonへリンク

■Lewis Carroll's Alice in Wonderland Illustrated by Harry Furniss(Cheshire Cat Press, 2019)
 by George Pastic (design), Andy Malcolm (editor), George Walker (technical support)
海外会員のAndy Malcolmさん、Mark Bursteinさん、Edward Wakelingさんがかかわった本が42部限定版で出版されました。
『シルヴィーとブルーノ』と『シルヴィーとブルーノ・完結篇』の挿絵で知られるHarry Furnissが挿絵を描いている『不思議の国のアリス』です。
この出版企画はAndy Malcolm氏がGeorge Pastic氏と7年前に立ち上げたものですが、Pastic氏の死亡により中断していました。
このたびGeorge Walker氏の協力を得て、出版にこぎつけました。以下の寄稿・再録が載せられています。
・Mark Burstein: Introduction
・Harry Furniss: Recollections of Lewis Carroll (from The Strand Magazine Vol.XXV (February, 1908))
・Edward Wakeling: An Uncomfortable Collaboration

※なお、Harry Furniss挿絵のマスマーケット版『不思議の国のアリス』については以下のものがあります。
Alice's Adventures in Wonderland (Evertype, 2016) Amazonへリンク
当協会海外会員のSelwyn GoodacreさんとEdward Wakelingさんが序文を書いており、その文末にHarry Furnissのアリスの挿絵が使われた版の
履歴も付けています。

■2019年3月例会で発表した佐藤正明「ナンセンスのビジュアル表現」が「宇宙気流」第93号(SFM同好会、2019/12/19発行、送料込み500円)
に掲載された。




❖ページトップのメニューをご活用ください。
 ●〈活動内容〉から、過去の例会・大会の発表タイトルや年会誌MISCHMASCHの目次を見ることができます。
 ●〈リンク〉には、会員10名以上のWebサイトなどへのリンクがあります。
 ●〈会員の著書〉に、約30名の会員の著書・訳書の情報があります。
(←Click Me)


❖会員の連絡先変更はすみやかにご連絡ください
 ●住所が変わった方はすぐに協会連絡先にご連絡ください。
  連絡が遅れると、定期刊行物が旧住所に送られてしまいます。
 ●メールアドレスを変更したらすぐに協会連絡先にご連絡ください。
  eメールによる「キャロル通信」を不定期でお送りしています。
  もし届いていない場合は、協会に登録しているメールアドレスが古いままになっている可能性があります。

Forthcoming 今後の予定

Meetings 会合

❖5月例会
  日時:2020年5月30日(土)14:00
  場所:タワーホール船堀 4階402会議室
  発表:夏目康子「マザーグースと『不思議の国のアリス』の翻訳について考える」

Publications 刊行物

❖ニューズレターThe Looking-Glass Letter
 No.147 (Spring, 2020)は2020年4月下旬発行予定です

Closed 終了しました

❖1月例会
開催日:2020年1月25日
発表者:安井泉
題 目:英国キャロル案内
参加者:15名

❖クリスマス・パーティ
開催日:2019年12月14日
会場:銀座ライオン八重洲地下街店
参加者:13名

第25回大会
開催日:2019年10月26日
参加者:28名

❖9月例会
開催日:2019年9月28日
発表者:参加者のみなさん
題 目:ラウンドテーブル「わたしの好きな『鏡の国のアリス』の翻訳」
参加者:5名

❖ティー・パーティ
開催日:2019年7月6日
Party企画1:157年前のあの夏の日をたどる(解説:安井会長)
Party企画2:朗読会(参加者の皆さん)
参加者:12名

❖5月例会
開催日:2019年5月25日
発表者:今西静葉
題 目:ヴィクトリア朝における芸術の輪―ルイス・キャロル、ジョージ・マクドナルド、ラファエル前派を中心に―
参加者:15名

❖3月例会
開催日:2019年3月30日
発表者:佐藤正明
題 目:ナンセンスのビジュアル表現
参加者:17名

❖1月例会
開催日:2019年1月26日
発表者:参加者のみなさん
題 目:ラウンドテーブル「わたしの好きな『不思議の国のアリス』の翻訳」
参加者:13名

キャロル通信 <eメール>

不定期刊のお知らせを、協会に届出たeメールアドレスにお送りします
eメールアドレスが変更になった場合は、下記連絡先にお知らせください
eメールアドレスを届出ていない場合は、下記連絡先にお知らせください

Drink Me & Eat Me Online <Web>

会員専用ページ
URLはニューズレターに記載されています

連絡先e-mail: e-mail address
ホーム 協会概要 活動内容 出版物 入会案内 リンク 会員の著書 会則 会員規定 English page
Copyright © 2004 The Lewis Carroll Society of Japan.