日本ルイス・キャロル協会ホームページ
The Lewis Carroll Society of Japan


♟♟♟♟♜♞♝♛♚♝♞♜♟♟♟♟ 「お知らせ」を更新しました(5/31)
日本ルイス・キャロル協会紹介ページへ

♙♙♙♖♘♗♕♔♗♘♖♙♙♙♙ (←青いポーンをClick!)「Drink Me & Eat Me Express」を更新(6/18)

会員のみなさまへ

What's New お知らせ

❖ティー・パーティは中止します  (2020年5月31日掲載)
首都圏では新型コロナウイルス感染のリスクがまだあり、安心してティー・パーティを開ける状況ではありません。
従いまして7月4日(土)に開催する予定だったティー・パーティは中止します。
今後開催予定の9月例会、研究大会、クリスマス・パーティについても、感染の収束状況をみて開催可否を決定し、協会ホームページと「キャロル通信」でお知らせします。

❖ニューズレターThe Looking-Glass Letter
No.147 (Spring, 2020)は4月27日に発行されました

❖★ここ展8★延期
ニューズレターNo.147のDrink me & Eat me欄でお知らせしたcoco.さんの個展「★ここ展8★」は2021年初夏に延期になりました。

❖年会誌『ミッシュマッシュ』
第21号が発行されました(2019/11/1)。
第22号の原稿締切りは2020/6/30です(必着)。詳細はニューズレターNo.146(Winter 2020)に同封の募集要領を参照。

❖Drink Me & Eat Meの追加記事
ニューズレター発行に間に合わなかった記事は適宜ホームページのDrink Me & Eat Me Onlineのページに掲載していますが、
追加したことが分かるようにをつけることにしました。追加した記事は5/13現在4件です。ご参照ください。
なお、追加した記事は次号ニューズレターにも掲載しています。


❖不思議の国のアリス展
 東映事業部が「不思議の国のアリス展」を開催中です。
 神戸を皮切りに松本、横浜、福岡、静岡、名古屋、新潟と全国7会場を巡回しています。
(上記リンクに、各地区の開催期間・会場が記載されています)
 日本ルイス・キャロル協会が後援団体になっており、安井会長が学術監修しています。

★新潟会場
【日程】 2020年6月27日(土)〜 9月6日(日)
     ※休館日:月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館。ただし7月13日、8月31日は開館)
【会場】 新潟市新津美術館(新潟市秋葉区蒲ケ沢109番地1)

Drink Me & Eat Me Express

この欄は、会員の最近の活動のほか、会期が近い催し物や放送日が迫っているTV番組、新刊雑誌などを、速報でお知らせするものです。
そのほかのアリス、キャロル等に関する情報は季刊のニューズレターでお知らせします。

図書新聞に『ルイス・キャロルの実像』書評掲載
夏目康子さんが『ルイス・キャロルの実像』の書評を図書新聞6月27日号(6月22日発売、300円)に執筆しました。

NHK Eテレ「てれび絵本/マザーグースえほん」再放送(6月8日〜)
NHK Eテレで、2019年12月下旬に5回にわたって放送された「てれび絵本/マザーグースえほん」(1)〜(5)が6月8日(月)〜12日(金)に再放送されました。
これはひらいたかこさんの『ディア マザーグース』(架空社)と『マザーグース・ショーケース』(東京創元社)から14編を選びアニメ化したものです。
『鏡の国のアリス』関連では、(2)の回で「桑のまわりをまわろう」、(3)の回で「ハンプティ・ダンプティへいにすわった」が放送されました。

高橋洋子さんの共著『メディアのなかの仏教』発刊
会員の高橋洋子さんの共著『メディアのなかの仏教 近現代の仏教的人間像』(森覚編、勉誠出版、8,250円)が出版されました。
「第三章 高橋五山と仏教紙芝居―勢至丸様を中心に」を橋さんが執筆しています。なお、勢至丸(せいしまる)様は浄土宗の開祖法然上人の幼名。
勉誠出版のサイト

テレビ東京「東京GOOD!」に『不思議の国のアリス』初版本登場 (5/18)
東京の隠れた魅力を紹介するテレビ東京の番組「東京GOOD!」の5月18日放送は【誰もが知る本の街 神田神保町エリア】。
洋古書店「崇文荘書店」でALICE'S ADVENTURES IN WONDERLANDの初版本が紹介された(中扉にNew Yorkとあるので米国Appleton社版か?)。

演劇「《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会」をライブ配信 (4/29,5/2-6,9,10)
鳥取市で活動している劇団「鳥の劇場」による「《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会」の公演が無料でライブ配信されます。
 日時:4月29日、5月2日〜6日、9日、10日の14:00〜15:30
 使用戯曲:別役実「《不思議の国のアリスの》帽子屋さんのお茶の会」
別役実さんの戯曲を芝居として観る機会で、生ということと、このコロナ禍の配信トライということで、ハチャメチャ感と役者の心意気が伝わってきます。
インターネットにつながったパソコンやスマホで視聴できます。詳細は下記。
鳥の劇場のサイト

毎日新聞「余録]で『鏡の国のアリス』を引用
毎日新聞5月1日(金)朝刊の1面の「余録」で、新型コロナウイルスにからめて、『鏡の国のアリス』から「いいこと、ここでは同じ
場所にとどまるためには、全力で走り続けなければならないのよ」という赤の女王のことばを引用している。

■エドワード・ウェイクリング著『ルイス・キャロルの実像』The Man and His Circle小鳥遊たかなし書房、6,600円)4月9日発売
ルイス・キャロル研究の第一人者による、一次資料に基づく研究成果がここに結実。
監訳者:楠本君恵、高屋一成、下笠徳次
訳者:中島俊郎、平倫子、大木雛子、大国孝正、木下信一、吉本和弘、藤井佳子、川島浩士
装画:大国孝正
(太字氏名は協会会員)
Amazonへリンク




❖ページトップのメニューをご活用ください。
 ●〈活動内容〉から、過去の例会・大会の発表タイトルや年会誌MISCHMASCHの目次を見ることができます。
 ●〈リンク〉には、会員10名以上のWebサイトなどへのリンクがあります。
 ●〈会員の著書〉に、約30名の会員の著書・訳書の情報があります。
(←Click Me)


❖会員の連絡先変更はすみやかにご連絡ください
 ●住所が変わった方はすぐに協会連絡先にご連絡ください。
  連絡が遅れると、定期刊行物が旧住所に送られてしまいます。
 ●メールアドレスを変更したらすぐに協会連絡先にご連絡ください。
  eメールによる「キャロル通信」を不定期でお送りしています。
  もし届いていない場合は、協会に登録しているメールアドレスが古いままになっている可能性があります。

Forthcoming 今後の予定

Meetings 会合

❖9月例会
  日時:2020年9月26日(土)14:00
  場所:タワーホール船堀 3階306会議室
  発表者:未定
  ※新型コロナウイルス感染の収束状況をみて、8月末ごろまでに最終的な開催可否の決定をします。

Closed 終了しました

❖ティー・パーティ
開催日:2020年7月4日
新型コロナウイルス感染のリスクがあるため中止

❖5月例会
開催日:2020年5月30日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖3月例会
開催日:2020年3月28日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖1月例会
開催日:2020年1月25日
発表者:安井泉
題 目:英国キャロル案内
参加者:15名

❖クリスマス・パーティ
開催日:2019年12月14日
会場:銀座ライオン八重洲地下街店
参加者:13名

第25回大会
開催日:2019年10月26日
参加者:28名

❖9月例会
開催日:2019年9月28日
発表者:参加者のみなさん
題 目:ラウンドテーブル「わたしの好きな『鏡の国のアリス』の翻訳」
参加者:5名

❖ティー・パーティ
開催日:2019年7月6日
Party企画1:157年前のあの夏の日をたどる(解説:安井会長)
Party企画2:朗読会(参加者の皆さん)
参加者:12名

❖5月例会
開催日:2019年5月25日
発表者:今西静葉
題 目:ヴィクトリア朝における芸術の輪―ルイス・キャロル、ジョージ・マクドナルド、ラファエル前派を中心に―
参加者:15名

❖3月例会
開催日:2019年3月30日
発表者:佐藤正明
題 目:ナンセンスのビジュアル表現
参加者:17名

❖1月例会
開催日:2019年1月26日
発表者:参加者のみなさん
題 目:ラウンドテーブル「わたしの好きな『不思議の国のアリス』の翻訳」
参加者:13名

キャロル通信 <eメール>

不定期刊のお知らせを、協会に届出たeメールアドレスにお送りします
eメールアドレスが変更になった場合は、下記連絡先にお知らせください
eメールアドレスを届出ていない場合は、下記連絡先にお知らせください

Drink Me & Eat Me Online <Web>

会員専用ページ
URLはニューズレターに記載されています

連絡先e-mail: e-mail address
ホーム 協会概要 活動内容 出版物 入会案内 リンク 会員の著書 会則 会員規定 English page
Copyright © 2004 The Lewis Carroll Society of Japan.