♟♟♟♟♜♞♝♛♚♝♞♜♟♟♟♟

日本ルイス・キャロル協会ホームページ

The Lewis Carroll Society of Japan

♙♙♙♙♖♘♗♕♔♗♘♖♙♙♙♙

日本ルイス・キャロル協会紹介ページへ

  アリスとキャロルの四季

会員のみなさまへ

What's New お知らせ

❖年会誌『ミッシュマッシュ』第24号の原稿募集中
詳細はニューズレターNo.154(Winter, 2022)に同封の原稿募集要領をご参照ください。下記のリンク先にも掲載しています。
原稿締切りは2022年6月30日です。

❖ティー・パーティ
対面・オンライン併用で以下の通り開催します。
日時:7月2日(土)13:30〜(受付 13:15ごろから)開始時間を早めました
場所:大妻女子大学 千代田キャンパス本館E棟7階 F732フロアが変更になりました
   (1階入口受付で開催団体名を伝える)アクセスはこちら
   オンライン(Zoomミーティング)での参加も可能です。ログインのURLは今年度の例会と同じです。
参加費:無料(ご自分で飲み物をご持参ください。食べ物持込みは不可)
参加申込:人数把握のため6月中にニューズレター記載の申込先までご連絡ください。
     オンラインで参加する場合はその旨をご連絡ください。
注意:入室時はマスクを着用し、新型コロナウイルス感染予防に配慮してください。
パーティ企画:アリス・ファンはどんな本を読むか
内容:アリスやキャロルに関するものに限定せず、「わたしの推しの1冊」を紹介してください(できれば現物をご持参ください)。小説、詩集、エッセイ、評論、画集、絵本、コミックその他、何でも結構。推しのポイントは何ですか――内容ですか文章ですか挿絵ですか著者ですか装丁ですか。その1冊がお気に入りの理由、あなたの心をとらえた理由を語ってください。

❖9月例会の発表者募集
9月例会の発表者を募集しています(先着1名)。
これまで例会や研究大会で発表されたことのない会員の方、大歓迎です。

申込前に発表内容などについてご相談されたい方は、申込先までメールをください

❖第27回大会 研究発表申込について
以下の通り大会を開催しますので、研究発表申込を受け付けます。今回は対面・オンラインの併用で開催します。
(ただし、新型コロナウイルス感染再拡大の場合は、オンラインのみの開催に変更します)
申込方法、申込締切等の詳細は、下記のリンク先に掲載しています。
第27回大会 研究発表申込について

❖5月例会報告
日時:5月28日(土)13:30〜16:30
形式:オンライン(Zoom)
発表者:田中健
題目:翻訳理論で読む『不思議の国のアリス』
内容:『不思議の国のアリス』の日本語翻訳を、翻訳理論を軸に分析する試み。今回はforeignization とdomesticationというストラテジーに焦点をあてる。他言語への翻訳例との比較により、日本語翻訳の特徴を明らかにする。また翻訳理論の日本語翻訳に対する有効性も検証する。
参加者:19名(東京14名のほか、神奈川、千葉、京都、奈良、大阪から参加がありました)
各参加者の近況報告・情報提供のあと、パワーポイントによる田中健さんの発表がありました。その後、活発な質疑応答が交わされ、会は予定より1時間もオーバーしました。さらに閉会後も有志による懇談が1時間続きました。

❖ニューズレターNo.155発行
ニューズレターThe Looking-Glass Letter No.155(Spring, 2022)が発行されました(2022/5/6)。


❖協会ホームページ掲載データに検索機能を付加
このホームページには<ミッシュマッシュ><研究大会><月例会>などで会員が発表した研究の題目が数多く掲載されています。自分が研究に取り組む上で、こうした研究成果は先行研究として重要です。しかし、その数は年々ふえていて、調査もたいへんになっています。
そこでキーワードでタイトルを検索できるシステムの導入を検討してきましたが、このたびこれらのページに、フリー・キーワードによる検索システムを付加しました。該当ページの冒頭に入力枠を設けましたので、お役立てください。いずれも、ページ・トップの「メニュー」の「活動内容」からリンクしています。

❖国立国会図書館インターネット資料収集保存事業によるホームページ保存
国立国会図書館では「インターネット資料収集保存事業」として、国内のさまざまなウェブサイトの情報を時系列で蓄積・保存することに取り組んでおり、大学・学術機関もその対象になっています。日本ルイス・キャロル協会にも協力の依頼がきましたので、ホームページの保存を承諾しました。今後1年ごとにウェブサイトのデータが保存事業のサイトに蓄積されてゆきます。なお、Drink Me & Eat Meは会員のみが閲覧できるページになっていますので、保存の対象から外してもらっています。 当該データへのリンクは、「リンク」ページの「協会関連のリンク」に掲載されていますので、ご参照ください。

オンライン行事(Zoomミーティング)について

Forthcoming 今後の予定

Meetings 会合

❖ティー・パーティ
日時:7月2日(土)14:00〜
場所:大妻女子大学 千代田キャンパス(アクセスはニューズレターNo.155参照)
   対面・オンライン併用で開催します。
パーティ企画:アリス・ファンはどんな本を読むか
(詳細は「お知らせ」参照)

Publications 刊行物

❖ニューズレターThe Looking-Glass Letter No.156(Summer, 2022)
8月上旬発行予定です。

Drink Me & Eat Me Express

この欄は、会員の最近の活動のほか、会期が近い催し物や放送日が迫っているTV番組、新刊書籍・雑誌などを、速報でお知らせするものです。
そのほかのアリス、キャロル等に関する情報は季刊のニューズレターでお知らせします。

【会員のニュース】Members' Activities

木場田由利子さんの論考がThe Snarkologistに掲載
木場田由利子さんの"The Hunting of the 42"がThe Snarkologist(Vol. 1 Fir 3 April 2022)に掲載されました。以前、協会のMischmaschに投稿された論考を元に新たに加筆・執筆されました。木場田さんは次のように紹介されています。

The Snarkologistの編集者はDayna Nuhn Lonzinskiさんです。デザインはMichael Lozinskiさんが担当され、編集委員としてMark and Catherine Richardsさんご夫婦も加わっています。年に2回、カナダで発行されています。興味のある方はDaynaさん(editor@snarkology.net)にご連絡ください。

朝日カルチャーセンター「アリスの中の歌、歌の中のアリス」の講座を三村明さんが担当
朝日カルチャーセンター立川教室で8月20日(土)に開催される講座「アリスの中の歌、歌の中のアリス」を会員の三村明さんが担当します。Zoomウェビナーを使用した、教室でもオンラインでも受講できるハイブリッド講座です(講師は教室)。受講料は、会員 3,003円 一般 3,993円。他に設備費165円。
朝日カルチャーセンターへリンク

国際シンポジウム「20世紀の和紙 寿岳文章 人と仕事」で中島俊郎さんが講演
2021年10月16日に開催された標記オンライン国際シンポジウムの全貌が、オンデマンド配信されています。シンポジウムに中島俊郎さんが出演され、「寿岳文章の生涯と和紙研究」の報告をしました。YouTubeで視聴できます。
YouTubeにリンク

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』に「アリス物語(抄)」収載
会員の澤西祐典さんが柴田元幸さんと編訳している『『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』(岩波書店、2,860円)に芥川龍之介・菊池寛共訳の『アリス物語』から第1章・第2章が採録されている。
アマゾンへリンク

【公演】Performance

こども歌舞伎スクールで『不思議の国のアリス』をテーマにした寺子屋乙女かぶき『本朝不思議之國 夢逢姫』を上演
松竹・こども歌舞伎スクール「寺子屋」の寺子屋女子生徒による『本朝不思議之國 夢逢姫』が、3月20日・21日に歌舞伎座タワーの歌舞伎座ギャラリー木挽町ホールで上演された。『不思議の国のアリス』をテーマにした新作(脚本:戸部和久)。或州のお姫様・藍姫は許婚の信貴之助へのお嫁入りが恥ずかしくなって、一人で逃げ出し、出会った兎丹角丸(とにかくまる)を追いかけて不思議之國へ迷い込む。そこで帽子屋永休や三月鼠(みつきねずみ)、知恵者猫(ちえしゃねこ)、不思議の国の女王・朱雀王(すざくのおおきみ)などと出会う。
 寺子屋へリンク
(この記事は谷中の古今東西雑貨店「イリアス」さんからの情報をもとに作成しました)

【催し】Event

ヒルトン東京「アリスのペパーミント気分なお茶会」(5/27-8/31)
新宿・ヒルトン東京の1階「マーブルラウンジ」で『不思議の国のアリス』から着想を得た夏のランチ&スイーツビュッフェを開催。予約はウェブサイトから。
ヒルトンへリンク

【新刊・旧刊】New Books and Old Books

Alice in Wonderland (Disney Animated Classics)の翻訳
ニューズレターNo.154(Winter, 2022)で紹介した、ディズニーのアニメ製作時にディズニー・スタジオのアーティストが描いた原画、スケッチ、コンセプトアートなどを用い絵本が翻訳された。『ふしぎの国のアリス (ディズニーデラックス絵本 2)』(サリー・モーガン、竹書房、2,310円)。
アマゾンへリンク

谷本雄治『ちいさな虫のおくりもの〜アリスの心とファーブルの目〜』(文研出版、1,540円)
「アリスが不思議の国に行けたのは、日ごろから何にでも関心を持ち、不思議に思う気持ちがあったからだと思います。[中略] だから、アリスのような好奇心はとても大切だと思います」(本文119ページ)。
「プチ生物研究家の谷本雄治さん。新刊『小さな虫のおくりもの』にも虫愛があふれる。「アリスの心とファーブルの目」という副題が示すように、好奇心と観察の大切さを語りかける。」(日本農業新聞 「四季」 2022年4月30日)
アマゾンへリンク

佐藤和哉『〈読む〉という冒険 イギリス児童文学の森へ』
岩波ジュニア新書から発行された新刊です(990円)。第4章では「『不思議の国のアリス』――ウサギの時間と帽子屋の時間」を論じています。
著者の佐藤和哉さんは、協会の第15回研究大会(2009年)で「ルイス・キャロルと時代精神−科学・技術・帝国」と題した講演をされています。
アマゾンへリンク

川端裕人『ドードーをめぐる堂々めぐり』
ニューズレターNo.150(Winter, 2021)のDrink me & Eat me欄で、岩波書店のPR誌『図書』に載った川端裕人さんの「ドードーはどこへ行った?」を門馬義幸さんが紹介しているが、その川端裕人さんの著書『ドードーをめぐる堂々めぐり――正保四年に消えた絶滅鳥を追って』(岩波書店、2,970円)が出版された。
アマゾンへリンク

プログラミング本のデータ・サンプルにアリスやバンダースナッチ
あるプログラミング本で、ファイルの読み書きのデータ・サンプルに以下のような記述を見つけました。

『初めてのPHP』(David Sklar、オライリー・ジャパン)p.185からの引用。
著者のデイビッド・スクラーさんはアリス・ファンでしょうか。

赤いドレスのディズニー・アリス
ディズニーのアリスというと水色のドレスを思い浮かべますが、昭和56年からすくなくとも5年間発行されていた<ディズニーランド名作えほん6>の『ふしぎのくにのアリス』(講談社)では、アリスは赤いドレスを着ています(表紙はアニメと同じ水色のドレスですが)。どんな経緯があったのでしょう?
アマゾンへリンク
〔追記〕Mischmasch No.10(2008)掲載の「私のコレクションから」で門馬義幸さんがディズニーのアリスの赤い服について言及されています(pp.15-16)。

【広告】Advertisement

スマホGoogle pixcelの店頭POPにアリス
ヨドバシカメラで見つけたアリスです。スマートフォンGoogle pixelのPOP広告でEnjoy Photo in Wonderlandと銘打って、機種の特徴を説明するためにアリスが使われています。物陰で白ウサギが飛び出す瞬間を狙うアリスは「トップショット:決定的瞬間の撮影もおまかせ」、白バラを赤く塗るトランプの庭師は「ポートレート:背景のボケでお洒落な写真に」、いろいろな言葉を喋るチェシャ猫は「Googleレンズ:翻訳機能で外国語も怖くない」、暗い穴を落ちるアリスは「夜景モード:イン・アウトどちらのカメラも暗い場所をキレイに撮れる」。




❖ページトップのメニューをご活用ください。
(←Click Me)
▣ 〈活動内容〉から、過去の例会・大会の発表タイトルや年会誌MISCHMASCHの目次を見ることができます。
(それぞれのページにフリー・キーワードによる検索機能がついています)
▣ 〈リンク〉には、20名以上の会員のWebサイトなどへのリンクがあります。
(2022/04/30、リンク先の変更に伴い、一部修正しました)
▣ 〈会員の著書〉には、30名以上の会員の著書・訳書の情報があります。



❖会員の連絡先変更はすみやかにご連絡ください

住所が変わった方はすぐに協会連絡先にご連絡ください。
 連絡が遅れると、定期刊行物が旧住所に送られてしまいます。
メールアドレスを変更したらすぐに協会連絡先にご連絡ください。
 eメールによる「キャロル通信」を不定期でお送りしています。
 もし届いていない場合は、協会に登録しているメールアドレスが古いままになっている可能性があります。

Closed 終了しました

《2022年度》

❖5月例会(2022年第3回Webミーティング)
日時:5月28日
発表者:田中健
題目:翻訳理論で読む『不思議の国のアリス』
参加者19名

❖3月例会(2022年第2回Webミーティング)
日時:3月19日
発表者:明石綺らら
題目:ネオ・ヴィクトリア朝児童文学のパリンプセスト―エドワード・ゴーリー作品におけるヴィクトリア朝ダークユーモアの影響―
参加者:15名

❖1月例会(2022年第1回Webミーティング)
日時:1月29日
発表者:佐藤聖
題目:おしゃれの国のアリス
参加者:9名

《2021年度》

❖クリスマス・パーティ(Webミーティング)
開催日:2021年12月11日
第1部企画:「あなたの推しを聞かせて」(「自分の推しポイント」あるいは「自分が推すもの」を披露)
第2部企画:「キャロルZoom相談室」(キャロルやアリスに関連して訊きたいこと何でも)
参加者:16名

《2019年度〜2021年度 実施行事概要》

キャロル通信 <eメール>

不定期刊のお知らせを、協会に届出たeメールアドレスにお送りします。
メールアドレスが変更になった場合は、下記連絡先にお知らせください。
メールアドレスを届出ていない場合は、下記連絡先にお知らせください。
(メールアドレスは、パソコン・タブレット・スマートフォン・携帯電話いずれのものでも結構です)

Drink Me & Eat Me Online <Web>

会員専用ページです。URLはニューズレターに記載されています。
ニューズレター発行に間に合わなかった記事は適宜Drink Me & Eat Me Onlineのページに掲載していますが、
追加したことが分かるようにをつけています。追加した記事は次号ニューズレターにも掲載しています。

連絡先e-mail: e-mail address (左記のメールアドレスは、迷惑メール対策のため画像で表示しています)
ホーム 協会概要 活動内容 入会案内 リンク 会員の著書 会則 会員規定 English page
Copyright © 2004 The Lewis Carroll Society of Japan.