日本ルイス・キャロル協会ホームページ
The Lewis Carroll Society of Japan


 2021年は『鏡の国のアリス』出版150周年記念の年  
 The 150th Anniversary of Through the Looking-Glass and What Alice Found There


日本ルイス・キャロル協会紹介ページへ



♟♟♟♟♜♞♝♛♚♝♞♜♟♟♟♟ 12/28「お知らせ」更新

♙♙♙♖♘♗♕♔♗♘♖♙♙♙♙ 12/28「Drink Me & Eat Me Express」更新
   (▲▲▲青いポーンをClick!)

会員のみなさまへ

What's New お知らせ

❖協会行事中止のお知らせ  (2020年12月16日掲載)
新型コロナウイルス感染はいまだ拡大傾向にあり、収束時期が見通せないことから、以下の行事を中止といたします。
・2021年1月例会  1月30日(土)

これに代わってZoomアプリを利用した以下のWEBミーティングを開催します。
インターネット環境のあるパソコン、タブレット、スマホ等があれば、会員ならどなたでも参加できます。

❖WEBミーティング開催のお知らせ  (2020年12月23日掲載)
 日時:2021年1月23日(土)13:30〜15:30(受付は13:15から)
 場所:Zoomミーティング キャロル協会WEB座談会
入室時の参加者確認のため、本名(協会刊行物の送付先宛名)での参加をお願いします。どうしてもハンドルネームでの参加を希望される場合は、
事前に、担当の鳥集までメールにてご連絡ください(メールアドレスはミーティング説明書に記載)。
ミーティング詳細はすでに同報メール「キャロル通信」(※)でお知らせしており、ニューズレターWinter号(No.150)にも記載しています。
(参加者は会員限定なので、ZoomミーティングのミーティングIDとパスコードはホームページでは公開しません)

※「キャロル通信」は2020年度には10通以上配信しています。もし届いていない場合は、協会に登録しているメールアドレスと現在使っている
メールアドレスが異なっているか、メールアドレスを登録していないことが考えられます。
「キャロル通信」が届いていない場合はこのページ下端の連絡先e-mailにご連絡ください。

❖ニューズレターThe Looking-Glass Letter
No.150 (Winter, 2021)が発行されました(2020/12/28)。
会費納入用の振込用紙が同封されています。

❖年会誌『ミッシュマッシュ』第23号の原稿募集
2021年発行の『ミッシュマッシュ』第23号の原稿を募集しています。「ごたまぜ」の誌名のとおり、協会の年会誌として相応しいものであるなら、
学究的な論文、エッセー、絵画などが応募可能です。原稿応募の時点において本協会の会員であれば応募できます。
2021年は『鏡の国のアリス』発行から150年の記念の年になります。『鏡の国のアリス』関係の原稿もこの機会にふるってお送りください。
募集要領および原稿ひな形はニューズレターNo.150に同封しており、以下よりダウンロードすることもできます。
 募集要領
 原稿ひな形

Forthcoming 今後の予定

Meetings 会合

❖2021年例会
※開催については新型コロナウイルス感染の収束状況をみてお知らせする予定です。

Drink Me & Eat Me Express

この欄は、会員の最近の活動のほか、会期が近い催し物や放送日が迫っているTV番組、新刊雑誌などを、速報でお知らせするものです。
そのほかのアリス、キャロル等に関する情報は季刊のニューズレターでお知らせします。

菊池寛・芥川龍之介は『不思議の国のアリス』をどう訳したか : 丸山英観訳, 柳瀬尚紀訳との比較
菊池寛・芥川龍之介の共訳として昭和2年(1927年)に出版された『不思議の国のアリス』について、掲題の考察を夏目康子さんが大妻英文学会『大妻レビュー』第53号に発表しました。言葉遊びの訳し方、イギリスの食べ物や、長さなどの単位の訳し方、会話文の特徴などの観点から検証しています。デジタルでも読むことができます。
『大妻レビュー』第53号

『図書』に川端裕人さんが「ドードーはどこへ行った?」を掲載
岩波書店のPR誌『図書』2020年11月号・12月号の2号にわたり、ノンフィクション作家の川端裕人さんが「ドードーはどこへ行った?」という記事を書いている。
内容は岩波書店のWEBマガジンでも読むことができる。
『図書』2020年11月号【試し読み】
『図書』2020年12月号【試し読み】

ユニクロからふしぎの国のアリスUTグラフィックTシャツ(WOMEN)(1月下旬発売予定)
公開70周年のディズニー映画『ふしぎの国のアリス』にちなんで、ユニクロが気鋭アーティスト、オートモアイおよび塩川いづみによるユニークなアリス像を描いた女性用Tシャツ(1,500円)を発売する。
ユニクロへリンク

軽井沢絵本の森美術館 2021年春夏展「鏡の国のアリス」(2021/03/01〜10/11)
〔概要〕『鏡の国』と『不思議の国』がどのように違うのか、マザーグースやノンセンス詩とはどのようなものか。本展では、近現代の画家たちが描いた『鏡の国のアリス』のイラストと合わせ、イギリス絵本史における“ノンセンス”の魅力をひもときます。
〔会期〕前期:2021/03/1(月)〜06/21(月)、後期:2021/06/23(水)〜10/11(月)(火曜日休館、5月4日(火)は開館、7月〜9月は無休)
〔入場料〕大人950円、中高生600円、小学生450円 (エルツおもちゃ博物館・軽井沢との2館共通セット券あり)
絵本の森美術館へリンク

放送大学ex BS231「“科学”からの招待状/電気と磁気の不思議な相関:鏡の国のサッカーゲーム」
〔番組内容〕「鏡の国のアリス」では、鏡の向こうの世界では砂糖が苦くなる。物質内部の世界も鏡に映すと(正確には反転させると)元の世界とは異質の現象が起きる事実が次々と発見されている。このような「反転対称性の破れた物質における電気と磁気の不思議な相関」を主題とした新学術領域の最新学術成果を踏まえ、一見身近な電気と磁気の関係には広大な未踏領域が潜んでいることを伝える。
〔放送日時〕12/12(土)21:00、12/20(日)9:00、1/1(金)19:30、1/31(日)9:45
NHK番組紹介

ヤン・シュヴァンクマイエル監督『アリス』がアマゾンで無料配信中
『アリス』(1988)がアマゾンのPrime Videoで無料配信中です(2019年11月ごろから)。チェコ語版、日本語字幕。Prime会員は無料のうちにぜひ鑑賞を。
この作品では、物置のような小部屋でアリス(クリスティーナ・コホウトヴァー)が遊んでいると、ガラスケースに飾ってあった剥製の白兎が動き出し、ガラスを割って逃げ出したので、アリスがそのあとを追うところから始まる。登場人物はすべて小部屋においてある剥製、動物の骨格標本、人形など。登場人物の数は減らされているが、物語の流れは原作の『不思議の国のアリス』にほぼ忠実で、省略されているのはコーカスレース、チェシャ猫、まがい海ガメとグリフォンのエピソードだけ。
監督ヤン・シュヴァンクマイエルの遊び心を満載した仕上がりになっており、監督が身近の品物を使って「アリスごっこ」しているようにみえる。
Prime Videoへリンク




❖ページトップのメニューをご活用ください。
(←Click Me)
 ●〈活動内容〉から、過去の例会・大会の発表タイトルや年会誌MISCHMASCHの目次を見ることができます。
 ●〈リンク〉には、10名以上の会員のWebサイトなどへのリンクがあります。
 ●〈会員の著書〉には、30名以上の会員の著書・訳書の情報があります。





❖会員の連絡先変更はすみやかにご連絡ください
 ●住所が変わった方はすぐに協会連絡先にご連絡ください。
  連絡が遅れると、定期刊行物が旧住所に送られてしまいます。
 ●メールアドレスを変更したらすぐに協会連絡先にご連絡ください。
  eメールによる「キャロル通信」を不定期でお送りしています。
  もし届いていない場合は、協会に登録しているメールアドレスが古いままになっている可能性があります。

Closed 終了しました

《2020年度》

❖クリスマス・パーティ
開催日:2020年12月12日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖研究大会
開催日:2020年10月31日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖9月例会
開催日:2020年9月26日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖ティー・パーティ
開催日:2020年7月4日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖5月例会
開催日:2020年5月30日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖3月例会
開催日:2020年3月28日
新型コロナウイルス感染拡大により中止

❖1月例会
開催日:2020年1月25日
発表者:安井泉
題 目:英国キャロル案内
参加者:15名

《2019年度》

❖クリスマス・パーティ
開催日:2019年12月14日
会場:銀座ライオン八重洲地下街店
参加者:13名

第25回大会
開催日:2019年10月26日
参加者:28名

❖9月例会
開催日:2019年9月28日
発表者:参加者のみなさん
題 目:ラウンドテーブル「わたしの好きな『鏡の国のアリス』の翻訳」
参加者:5名

❖ティー・パーティ
開催日:2019年7月6日
Party企画1:157年前のあの夏の日をたどる(解説:安井会長)
Party企画2:朗読会(参加者の皆さん)
参加者:12名

❖5月例会
開催日:2019年5月25日
発表者:今西静葉
題 目:ヴィクトリア朝における芸術の輪―ルイス・キャロル、ジョージ・マクドナルド、ラファエル前派を中心に―
参加者:15名

❖3月例会
開催日:2019年3月30日
発表者:佐藤正明
題 目:ナンセンスのビジュアル表現
参加者:17名

❖1月例会
開催日:2019年1月26日
発表者:参加者のみなさん
題 目:ラウンドテーブル「わたしの好きな『不思議の国のアリス』の翻訳」
参加者:13名


キャロル通信 <eメール>

不定期刊のお知らせを、協会に届出たeメールアドレスにお送りします
メールアドレスが変更になった場合は、下記連絡先にお知らせください
メールアドレスを届出ていない場合は、下記連絡先にお知らせください

Drink Me & Eat Me Online <Web>

会員専用ページ
ニューズレター発行に間に合わなかった記事は適宜Drink Me & Eat Me Onlineのページに掲載していますが、
追加したことが分かるようにをつけることにしました。
(追加した記事は次号ニューズレターにも掲載しています)

URLはニューズレターに記載されています

連絡先e-mail: e-mail address
ホーム 協会概要 活動内容 出版物 入会案内 リンク 会員の著書 会則 会員規定 English page
Copyright © 2004 The Lewis Carroll Society of Japan.